婚活お役立ちBlog

2022-11-21 12:30:00

エリート婚活男性に選ばれる女性~容姿攻略5選~

ブログ画像.jpeg

 

前回の記事では、エリート男性(高学歴・高収入・高身長男性)のリアルなお見合い人数を公開しました。

その数字を受け、エリート男性へお見合いのお申込みをする人数の目安を書きましたが、やみくもにお申込をしてもなかなかお受けしてもらえません。

結婚相談所での出会いにおいて、最初の関門がプロフィールとなり、このプロフィールの仕上がり具合がお見合いの可否を決定づけます。

さてこのプロフィール。人がまず最初にパッと見るのはどこか?がポイントです。

人が最初に目にいくところ、そこは・・・「視覚情報」です。

つまり「プロフィール写真」となります。視覚が第一印象として与える影響は7割と言われているので、プロフィール写真でお見合いの可否が大方決まってしまうのです。

特にエリート男性ほど、その傾向は強いです。

【結婚相手の条件として重視・考慮する割合~「2021年/第16回出生動向基本調査」~】の図を見ても分かる通り、女性は男性に対してバランスよくいろいろな条件を重視するのに対し、男性は女性の「容姿」を重視する割合が高いです。

 

タイトルなし.jpg 

 

では、いったいどのような女性の容姿を魅力的と感じているのでしょうか。

エリート男性が「可愛いと感じる顔」や「魅力的に映る体形」を理解して、その好みを演出することがポイントとなります。

 

そこで今回は、エリート男性が選ぶ女性の容姿5選を書きます。

 

その1:たぬき顔

たぬき顔.jpg

 

丸顔で愛嬌のある可愛い顔。

子供がアンパンマンを好むように、男性も丸みの多いパーツを持つ女性に対して好感を持つようです。

目鼻立ちがキリっと整いすぎているよりも、柔らかさを感じる丸みのパーツが多い方が男性は可愛いと感じます。

丸い輪郭、ぱっちりとした目、低めの小さな鼻、ぽってりとした口、アーチ形の眉、童顔。

逆を言えばとツンとした顎、尖った頬骨、鋭い目つき、切れ長にした眉など、クールな雰囲気は、冷たい印象を与えてしまうので、婚活の期間は避けた方が良いでしょう。

たぬき顔になるメイク方法のポイントを押さえて演出しましょう。

 

 

その2:ふんわりヘア

髪.jpg

 

選ばれる女性のヘアの長さは圧倒的にミディアム~セミロング。

顔のパーツだけでなく、髪の長さやヘアスタイルも演出の上では重要なポイントです。

ミディアム~セミロングは、女性らしさと清潔感を与える長さです。

更に、緩めのカーブやふんわりしたウエーブヘアにすると男性の好む柔らかさを演出できます。

逆にショートヘアやモード系のヘアスタイルは個性的で主張の強い印象を与えるので、「柔らかさ」が重要な婚活の場では不向きです。

もしショートヘア―なら、柔らかいパーマをかけることで女性らしさを出せるので、少しでも柔らかい印象を作っていきましょう。

 

 

その3:自然な髪色

髪色.jpg

 

婚活男性が求めるヘアカラーは、自然な色です。

持ち前の髪色が軽やかで清潔感を感じさせる色であれば問題ないですが、髪質によっては、重たい印象や清潔感を欠いた印象を与える場合もあるので、そのような場合は、少し明るめの色にすると良いです。

自然な色の基準としてご自身の黒目に合わせると良いと思います。

黒目の部分が真っ黒なら黒~ダークブラウン系の髪色、黒目の部分がブラウンならダークブラウン~少し明るめのブラウンといった具合の髪色にするのが自然に映ります。

黒目の色と大きく離れた色の髪色にしていると違和感を相手に与えてしまうので、間違っても金髪・グリーン・ブルー・ピンク・紫といった不自然なヘアカラーにはしないでください。また部分的なメッシュなども避けてください。

 

 

その4:母性を感じさせる笑顔

笑顔.jpg

 

女性の笑顔は、何にも代えがたい一番のチャームポイントとなります。

ご成婚された男性の皆さまが一様に口をそろえて仰られるパートナーの魅力に挙がるのが「笑顔」です。

プロフィール写真を見たときに、「素敵な笑顔の女性」と感じれば、まずはお会いしてみようかな?という気持ちが起きます。

色々な種類の笑顔がある中で、第一印象段階で男性が好む笑顔は、「母性を感じさせる優しさを含んだ笑顔」です。

大爆笑している笑顔や澄ましている笑顔、モデル風の作り笑顔等は婚活をしている男性の心には刺さらないようです。

女性は子供や動物を前にした時に自然と柔らかい表情の笑顔になります。男性もまさにこの笑顔を好みます。

プロフィール写真の際は、自分を素敵に見せる笑顔で構えるのではなく、これから出会うお相手へ向けた優しい笑顔を向けると良いでしょう。

 

 

その5:くびれを意識したファッション

くびれ.jpg

 

自分の子孫を残したいという潜在意識が男性の中にはあります。そのため妊娠していない女性を探そうとする本能が働きます。

女性のバスト:ウエスト:ヒップの比率がその判断材料となっており、1:0.7:1が黄金比率と言われています。この比率が古代の男性にとって女性が妊娠していないと判断する材料だったようで、その名残が現代にも残っているのでしょう。

多くの女性は体重を気にしますが、体重自体は極端でないかぎりあまり関係なく、それよりもこの比率を持つ体形をした女性の方が男性の目に留まります。

婚活では、この比率を見せるファッションが好ましいと言えます。

最近のトレンドでウエストが分からないようなダボっとしたお洋服が多いですが、そのようなファッションは少なくとも婚活期間中は避けたいところです。

バスト・ウエスト・ヒップのラインをある程度見せるワンピースやブラウンスとスカートのセットでくびれを意識してください。

女性は極力体を温めている方が健康には良いのですが、男性の目を意識するならば、「首」と言われる箇所は品よく見せるファッションが良いです。

首からデコルテのライン、手首、ウエスト、足首、この4パーツは、女性ならではの華奢でキレイな部位なので、そこを意識したファッションを心がけてください。

あまりに露骨な見せ方は遊ばれる対象となってしまうので、品の良さは保ちましょう。

 

エリート男性に興味を持ってもらうには、まずは視覚情報を徹底させることです。

そのためのこの5つのポイントはきっちり抑えて挑みましょう!

 

今回は、女性のプロフィールの中で7割決まってしまう写真について書きましたが、会ってもらうために、もう一押しとなるのが、プロフィール内容のコメント部分となります。

次回は会ってみたいと思わせるコメントについて書きたいと思います。

 

本ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

無料カウンセリング.jpeg

2022-11-06 12:31:00

三高(高学歴・高年収・高身長)のお見合い事情。

三高男性 (2).jpeg

 

アルパ青山では、創業当初から、上質な会員様に特化した結婚相談所として運営しています。

「上質とは?」というご質問を単刀直入に答えるならば、

「高学歴・高年収・高身長」いわゆる三高(古い…)と表現した方が分かりやすいかもしれません。

※入会基準に身長制限はないのですが、アルパ青山の男性会員の平均身長は172cm。

 

30年前ほどに流行った「三高」という言葉。

「今更、古い、古い!」と思われる方もいるでしょうが、三高は30年前、いやもっと遡って、古代から、女性が望むもので、この先も、永遠になくならないものなのです。

 

なぜならば、

三高は、人間の生存や繁殖の上で、優位に立つから。

 

高学歴であれば、良い職種に就く可能性が高くなります。

良い職種に就くということは、高い年収を取る可能性が高くなります。

高い年収があるということは、自分達の生活水準を保つことができ、子供へも十分な教育を受けさせることができます。

子供に高い水準の教育を受けさせることは、子供の将来の安泰にも繋がるわけです。

高身長というのは、狩猟時代に女性が本能的に求めた男性の強さだと思います。

外敵から自分や子供を守ってくれる強さを持つのは、高身長で体格ががっしりしている男性です。

そんな名残から、自分の子供へもその遺伝を残したいという本能が女性に働くのではないでしょうか。

 

女性の誰しもが望む三高男性。

残念なことに、そこら中にいるわけではなく、ごく限らた数の三高男性が結婚相談所で活動されています。

アルパ青山でも、湯水のようにいらっしゃるわけではなく、ご縁のあった方にご活動いただいております。

 

そんな三高男性がご入会されると、驚愕な数のお申込みが来ます。

 

例えばこんな感じです。

 

【30代半ば 弁護士 年収約1000万 身長173cm】の男性

女性からの申込件数 450人!

 

 

【30代後半 エリート会社員 年収約1200万 身長170cm】の男性

女性からの申込件数 130人!

 

 

【40代前半 エリート会社員 年収約1000万 身長177cm】の男性

女性からの申込件数 360人!

 

 

では、この男性達がお見合いをした人数は?、というと、

 

【30代半ば 弁護士 年収約1000万 身長173cm】の男性

お見合い人数:14人=彼とお見合いできる確率:3%

 

 

【30代後半 エリート会社員 年収約1200万 身長170cm】の男性

お見合い人数:3人彼とお見合いできる確率:2%

 

 

40代前半 エリート会社員 年収約1000万 身長177cm】の男性

お見合い人数:16人彼とお見合いできる確率:4%

 

更に厳しい数字を並べるならば、

それぞれの男性が結婚できるのは1人!

 

ということは、

 

【30代半ば 弁護士 年収約1000万 身長173cm】の男性結婚できる確率は0.2%

 

 

【30代後半 エリート会社員 年収約1200万 身長170cm】の男性結婚できる確率は0.7%

 

 

【40代前半 エリート会社員 年収約1000万 身長177cm】の男性結婚できる確率は0.3%

 

となり、1%の可能性さえもないという現実が突き刺さります。

 

この数字は、アルパ青山での一例ではありますが、実際にIBJ(日本結婚相談所連盟)が出している数字でも実証されています。

自身がお見合いをお申込みをした際、相手からOKを貰える確率は5%とのこと。

上記した数字と同じような傾向が出ているわけです。

自分からお申込をする場合、女性なら当然、三高男性にアプローチしますし、男性なら若くて外見の良い女性にアプローチします。

つまり上位5%のピラミッドトップにいる者だけが結ばれるということになります。

 

もしあなたが三高男性をターゲットに入れているならば、最低でも20人の三高男性にお見合いのお申込みをしてみてください。

※三高男性とお見合いできる確率が5%とした場合、最低でも20人の三高男性にアプローチしてみる必要があります。

 

その結果を受け、現状での立ち位置を把握することができます。

もし全てお断りを受けたならば、諦める前に、どうすればこの5%のお見合い枠に入れるか?更に、どうすれば1%未満の成婚枠に入れるか?を考えてみましょう。

今ある自分の最大限の魅力を引き出し、どう勝負に活かすのか?という婚活戦略を考えることが必要です。

 

ここでいう魅力とは、「婚活をする上での魅力」です。

「自分が思っているあなたの魅力」と「異性が感じるあなたの魅力」がイコールでないと婚活では意味をなしません。

次回は、三高(高学歴・高年収・高身長)男性に勝負をかける「婚活をする上での魅力」について書きたいと思います。

 

 

本ブログをお読みくださり、ありがとうございました。

 『無料カウンセリング/資料請求』はこちら

無料カウンセリング.jpeg

 

1